2008/8/7 木曜日

【偲ぶ会】厳粛な中で 心を込めて

 平成11年、県議の初当選は、ご支援を頂いた「多くの皆様のお陰」であると、私は、心から感謝をしています。

しかし、心温かく、力強いご支援を賜わった方が他界されてしまった。
「何のご恩返しもしない内に」と、悲しく、寂しい思いを詰めた気持ちを整理しなければならなかった。

 仏壇に手を合わせ、墓地で跪き、「感謝と、お礼と一生懸命頑張る」という決意のお参りをさせて貰うことで、気を鎮めた。

それが、却って、ご家族に気を遣わせたり、ご迷惑をお掛けするのでは・・・と思い、又、何よりも「続ける」ことが大切であると考えての儀式が、この【偲ぶ会】です。

 年間に、弔意としてのお付き合いは、約1,000件有り、内、お参りをするのは、約200件です。そこで、更に極めて厚誼(中身のある)を頂いた故人に対しては、【偲ぶ会】で、私が関係等の披露と、思い出のお話をさせて頂き乍ら、全員で「偲ぶ」という内容で、実施しております。

  11.jpg  21.jpg
        「偲ぶ会」            「平成11年度物故者」

 平成11年度より、毎年の私が実際に参拝した方の故人(物故者)の一員(平成11年度~平成20年度)を字幕で掲げ、次の次第に基づいて進めた。

             3.jpg
                  全員による「黙祷」

  4.jpg  5.jpg
    「平成20年度物故者」               「主要者」

  6.jpg  7.jpg
         「主要者」                 「主要者」

  8.jpg  9.jpg
         「参拝者」                 「参拝者」

 平成20年度の物故者の一覧と、主要な関係者の一覧を司会者が紹介する。

                         10.jpg
                              進行を見守る

111.jpg 12.jpg 13.jpg
 それぞれの方との       「四十万の友人」    「泉が丘の友人」
  「想い出の話」をする

14.jpg   15.jpg   16.jpg
  「法光寺の友人」      「鳴和の親戚」       「北寺の友人」

17.jpg   18.jpg   19.jpg
   「珠洲の親戚」      「高校の同級生」       「堅田の友人」

 20.jpg  211.jpg
                   代表による「献花」

             22.jpg
                ノンアルコールによる「献杯」

〔次第〕

1.黙祷
2.平成11年度~20年度までの物故者の紹介(字幕)
3.平成20年度物故者(参拝した)紹介と主要物故者(写真)による紹介
4.平成20年度物故者主要者との思い出の話を紹介
5.代表「献花」
6.全員「献杯」

 明年は、10周年(平成11年より)となりますので、記念として、節目を大切にするための儀式にしたいと考えています。

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.