2008/8/29 金曜日

4.船橋競馬場と湾岸道路等

 この場所への視察は、国交省道路局企画課長(前地方道環境課長)の推薦によるものであり、千葉国道事務所には、配慮して頂いた。当日は、同事務所の副所長と、企画係長の出迎えを受け、資料の準備とともに、案内をして頂き、大変、お世話になった。

 船橋競馬場のある位置には、東関東自動車道(高速道路6車線)と、その両側に平行して、国道357号線が4車線の、計10車線が若松交差点の千葉船橋海浜線に接している、その競馬場の反対側には、京葉道路が走り、挟まれている現状である。

 又、首都圏の東京都と千葉を結ぶ、1日、約300,000台の交通量がある最重要道路であり、計画当初から問題指摘があったようだ。

競馬場もその一つであるが、寧ろ、若松団地の騒音に対する対応が重視されたようである。因みに、向かいに谷津干潟があり、隣接して谷津団地が所在し、昨今、CO2対策がクローズアップされ、調査に入っている。

 何れも、高さと景観に配慮して遮音壁で設置され、問題は解決しているようだ。船橋競馬場との協議内容については次の通りです。

①協議事項

kyogi.jpg

②地図

tizu1.jpg

 151.jpg 161.jpg 171.jpg
高架橋からの競馬場全景  副所長の案内で高架橋上    厩舎との境

 181.jpg 191.jpg 201.jpg
  厩舎から外れたヶ所      若松団地との境      東関道の遮音壁

 212.jpg
谷津干潟と谷津団地(若松交差点)

3.初音丘幼稚園と諸施設

 正面玄関前で出迎えを受けた。続いて、教育に対する情熱と、エネルギッシュな理事長兼園長に説明と、園内の案内を受け、その取組み方に対し、大きな関心を寄せた。本当に、勉強になった。石川県や金沢市の関係者に、是非、聞かせて遣りたい・・・。と思い乍ら、その幾つかを参考にしようと思った。

 特に、幼稚園が学童保育の委託を受け、運営されている内容に対して、一行は徒、唖然と聴講し、得ることが多かった。推薦をして頂いた、文部科学省大学振興課長(前厚労省保育課長、元文科相幼稚園課長)に心から感謝を致します。

<資料>

page1.jpg

page2.jpg

page3.jpg

page4.jpg

page5.jpg

page6.jpg

page7.jpg

page8.jpg

page9.jpg

初音丘幼稚園 その他諸施設 資料(全9頁) PDF
(上記資料内容を拡大版でご覧いただけます。)

101.jpg 112.jpg 121.jpg
  初音丘幼稚園正面   理事長の説明を受ける  学童保育の施設

       131.jpg  141.jpg
          教員の案内       理事長の見送りを受ける

2.霞が関での情報交換

 都内に17時近くに入り、そのまま、国土交通省へ直行した。
 先ず、河川局砂防部へ寄り、砂防計画課長や係長と砂防事業の重要性及び、先の浅野川の災害について懇談した。浅野川の災害状況については、係長が直接、視察されたことから話題性が高かった。

 続いて地方道環境課で課長に、道路局企画課では、課長及び専門官と道路特定財源や、道路状況について懇談をした。

 宿泊先の近辺に於いて、石川県東京事務所の所長に、宿泊の紀尾井会館を始め、懇談予定の会場について、お世話になった。

 情報交換会には、厚生労働省の大臣官房会計課長や、国土交通省の都市整備局市街地整備課長及び、読売新聞社の記者の出席の中で行われた。それぞれ石川県に縁のある方許りであったため、話に花が咲き、充分と言える程、ホットな雰囲気で懇談することが出来た。

 翌朝の情報交換会には、国土交通省の砂防部長に出席を願い、懇談をした。
部長は、資料を揃えて持参し、説明されたことで、中身のある格調高い内容となった。

1.

k-1.gif

2.

k-2.gif

3.

k-32.gif

4.

k-4.gif

     61.jpg   71.jpg
     国交省砂防計画課長と懇談  情報交換会(ゲスト3人)

     81.jpg   91.jpg
       情報交換会(全員で) 情報交換会(砂防部長を囲み)

1.喜連川(きつれがわ)社会復帰促進センター

 平成19年10月、昨年、開所された民間刑務所で、第一号の山口県美祢市の美祢社会復帰促進センターに次いで、兵庫県加古川市の播磨社会復帰促進センターと同時に、運営が開始されたものです。

平成20年10月に運営開始予定の、島根県浜田市の島根あさひ社会復帰促進センターを加え、PFI方式により誕生する、官民協働の刑務所は、4ヶ所になる。

 法務省では、刑務所の過剰収容対策として、新刑務所の適地を探し、自然環境に恵まれた地域で、建設を決定した。施設運営については、行財政の厳しい事情を踏まえて、PFI手法を活用することになった。

 私たち地方議員の勉強会に於いて、特に感銘したのは、「地域の雇用」、「地域の社会資源の有効活用」など、「地域との共生」を第一に考えていることであり、センター長の歓迎の挨拶の中で強調されたことだった。

《施設概要》

    [はじめに]

   hajimeni.jpg

shiryo-1.jpg

   [PFI]

  pfi.jpg

b.jpg

    [構造改革特区制度]

  kouzou.jpg

c.jpg

d.jpg

   [施設の概要]

  shisetu.jpg

   [医療体制]

  iryo.jpg

   [受刑者の社会復帰促進]

  jukeisya.jpg

e.jpg

   [特化ユニット]

  tokka.jpg

f.jpg

   [設立背景]

  seturitu.jpg

  23.jpg   31.jpg
喜連川社会復帰促進センター正面より         出入口詰所

  41.jpg   51.jpg
    センター長の説明を受ける            会議室へ集合

大きな成果を得た広域(4都県)視察

[地方議員勉強会] 駆け足での一行(6名)
         平成20年8月19日(火)~20日(水)

 今回の視察は、4都県(栃木県さくら市、東京都霞が関、神奈川県横浜市、千葉県船橋市)に跨る、1泊2日の超ハードスケジュールでしたが、内容から鑑み、期待感が膨らんだ。

 一行(県議1名、金沢市議5名)は、19日早朝、JR線で金沢駅~越後湯沢駅~大宮駅~宇都宮駅~氏家駅と、在来線、新幹線を乗り継ぎ乍らの日程でした。
ところが、金沢駅へ来る途中の列車は、集中豪雨のため、踏み切りでトラブルが生じ、予定時間より15分遅れとなり、そのため、越後湯沢駅での乗り継ぎが出来ず、全日程に影響を及ぼしたことから、慌しく大変な思いをした。

 出発前日、添乗員を同行しないことから、誰かに引率して貰うための役割を、一行の中から選別し、Y議員に託すこととなり、前日、打合せをした。

そのことが功を奏し、最初から最後までしっかりやって貰ったので、Y議員には大いに感謝をしたい。

徒、その時(トラブル)、味わった数々の苦労も、出発時の待ち合わせの折、大変世話になった金沢駅の駅長や、駅員の親切な応待に熱いものを感じ、後に尾を引くことはなかった。

         110.jpg
            金沢駅待合わせ場所(S議員撮影)

1.喜連川(きつれがわ)社会復帰促進センター←クリック

2.霞が関での情報交換←クリック

3.初音丘幼稚園と諸施設←クリック

4.船橋競馬場と湾岸道路等←クリック

 私たち一行は、中身のある素晴らしい内容の視察が出来たことを、等しく喜び、明日への糧とすることを誓った。

そして何よりも、多くの関係者と接し、交誼することが出来たこと。それは、生きた財産を得た成果である。

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.