2009/5/11 月曜日

~アラカルト~9.信頼と友情の交流

9.信頼と友情の交流 4月19日、25日

 清清しい春風(芝生の上)を浴びて、交流するのは好いものだ。春先は、どなたも身体や精神や技術も、未整で、これから調整し乍ら、慣らして行くというところです。

 4月19日(日)、天候に恵まれ、素晴らしい友人たちとプレーをし、楽しませて貰った。

昨今の世界的経済危機(金融危機)に直面している業界のトップ、又、長い間、低迷し、脆弱な基盤となっている業界のトップたちとの交流であった。

 しかし、この日は、経済情報交換をすることは、然り乍ら、横に置いて、皆は、大いに「明日への糧」と、思い出の日と成るように心掛けた。

本当に有意義な一時であった。

 又、4月25日(日)は、生憎の雨だった。しかし、参加者は多忙であり、更に、グリーンやバンカーに水が溜まっていない程度の状況から、決行した。

会場関係者の気配りもあり、スルーで回ることが出来た。成績は、これから調整という時機でもあり、雨合羽を着てのプレーで、全体的に、”まぁまぁ・・・”というところでした。

 でも、終了の後の長時間に亘っての、情報交換は中身があり、楽しく、「県民が安全で倖せに、遭遇するよう決意を新たにして・・・。」、それぞれ散会した。

~アラカルト~7.浅野川災害復旧

7.浅野川災害復旧

(1)北袋地区

地元の方の農地と、町外の方の宅地と、農業排水路を含めた土砂(法面)崩れへの復旧(金沢市)浅野川本線の右岸側の、旧農業用水路のあった堤防などの民地を含めた崖崩れへの復旧(石川県土木部)

(2)下谷地区

民家の旧農業用水路の直上の、法面の土砂崩れの復旧
                        (石川県農林部)
浅野川本線の左岸の法面(土砂)の崩れに対し
      ①下流の箇所(石川県土木部)
      ②暗渠の出口箇所(金沢市)
      ③旧護岸箇所がの土手の崩れ
              (石川県土木部、農林部で協議中)

(3)辰巳地区

法面が崩れ、直上に民家があり、直下は水田地、法面の持ち主が民家と協議中               (金沢市農林部)

(4)田上地区

遊学館のグラウンド(左岸)及び、田上区画整工事中(右岸)の本川の土砂揚げ              (石川県土木部)
田上本町側(右岸)の堤防の延長(石川県土木部)
医者宅の大規模法面土砂崩れ(金沢市建築指導課)

(5)杜の里地区

本川の右岸の護岸の天場(広場)の芝張り(石川県土木部)
河川の愛好会を結成準備

(6)湯涌地区

湯涌温泉の玉泉湖下流の河川に土砂流入を防ぐための暗渠(蓄版) 
                    (石川県土木部)
朝加屋町の土砂崩れの保護(金沢市土木部)
朝加屋町の堤防、農地流出対策(石川県土木部)

 昨年7月28日の豪雨による災害から、既に、9ヶ月経過。
復旧が順調に進んでいるもの、完成している箇所、協議中、未決定の箇所など様々である。

 今後、しっかりと見定め、着実にその成果を出したい。近日中に、検証のため現地視察を実施する予定。

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.