2009/7/23 木曜日

スタンダード~未だに分らない「公務員棒給」と「議員定足数」

 私は、少しの期間「国家公務員」として、奉職したこと、現在までの間、政治生活35年目の経験を以ても、未だに分からないのが、「公務員棒給」と「議員定足数」についてである。

【公務員棒給】

 先については、人事院勧告を受けて、国会及び地方議会(県市町村)のそれぞれで議決をして、棒給を改正して来た。私たちは、中立公正で高踏な機関である人事院の存在に対して、絶対であると思っていた。

 勿論、随分以前までのことであり、以来、この時機に何故・・・?この勧告は、何をどのように、どこを基準にしてのものなのか、いつも疑念を持っていた。
時々、説明を求めたが、確かな解答も、私を納得させてくれる「フォロー」が無いままに、今日に至っている。

 その本意は、「都会と地方」、「大企業と中小企業」、「職種の男女」の格差等、そのベースが、どこにあるのか全く分からない・・・。

【議員定足数】

 昨今、「時代の流れ」と「財政難」等によって、「議員定足数」の減員をすることが話題とされている。国会議員や、地方議員に該当し、今後、更に論議が交わされることに為ると思います。

 さて、先の定例会で、県議会議員46名を、3名減の43名とする改正案が、議決された。私は、その内容も、経緯も、結果をも納得できず、採決時に除斥をした。
1年前には、5~6名減と想定していたが、各会派、特に、多数派を占める自民党の意見が、4名減と落ち着き、示されたので、不本意乍ら、同調した。

 そして、各自の選挙事情、会派の都合等、自分本位の意見、考え方が先行し、入り乱れ、激しく競い合い、県民目線での発言が、その間、かけらもなかったように思われた。

 私は予てから、「議員定足数」について、自分の意見がある。

1)金沢市及び野々市町は、中核都市及び、成熟し、整備された町であり、国や県に関わることより、市や町に依存し、関わるウェートが極めて高く、同時に市町会議員の役割が、極めて、重要視されている。

 それに比して、郡部では、県議の立場が重く、地域での期待と一つ一つの成果には、住民の意思があり、遣り甲斐もあることから、人口の減少だけでは、判断し兼ねるものである。

 従って、過疎地域の人口減に伴っての減員には、納得出来ない。
少なくとも、4減と一時は決まり、金沢2、能登1、加賀1と為ることを、心から望んでいましたので、私は、気持ちの整理が付かないために、採決に至らなかった。

 2)次に、議員の「法定定足数」という言葉が、能く出てくる。
「法定定足数」から下回っていることから、もう減員する必要が無いということを・・・。

 さて、それでは、「法定定足数」とは、一体全体”何時”、”どんな風に”、”どんな根拠で”決められたものか、究明することなくこの言葉が能く出てくる。

 又、制定された当時から、今日に至るまでには、大きな変化を遂げている。
「自治体市町村の配置や仕組み」、「交通のアクセス」、「メディアの数やネットワーク」、「コンピュータやI.Tシステムの技術」、「男女共同参画」、「人口の流れと高齢化社会」、「人々の心とライフラインの変化」、「何よりも、世界の一員として、更に国際社会への意識」等、総合的に生活環境が、こんなに変わっても、「議員定足数」は、何故、当時制定された「法定定足数」なのか、大いに疑念を感じるものである。

 今一度、現在のニーズに合った「法定定足数」を国、県、市町村など如に、改めて制定することを望みます。

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.