2010/12/13 月曜日

6.宇宙をさ迷う政府与党・・・!「微弱な体質と戦略」

 “迷走する政府与党”何度か新聞のタイトルとして活字になったことか、「方向も、リーダーも」見えない、正に、完全に自信を失った姿である。さて、根無し・・・の微弱な体質を国民に見透かされ、さらけ出してしまった政府与党は、“経験不足”と“情報不足”と“官僚の対応”など、堕落してしまったことでの「戦略の失敗」と云える。

 前項に記述したことは、昨今の“国民の声”であり、政府与党への“信頼と期待”が裏切られたことに対しての、“悔しい思い”である。

 “待ったなし”の「国政」、“停滞が許されない”「国民生活」、“生きた高度な情報が求められる”「外交」、一寸の隙の無い緊張感の中で舵取りしなければならない。

 正に残念で歯痒い与党の動きである。その要因を分析して見た。

1)野党時代の視点、人間関係、情報などは、オールラウンドで無く、特定の人の考え方と情報不足からであったと云うこと。
2)前提を基本にした“選挙公約”や“マニフェスト”を「葵の紋」であるかの毎く、絶対的であると掲げている。先の総選挙での国民の示した結果(考え方)は、“マニフェスト”を信頼しての支持では無く、“政権交代”をさせたいと願ってのものであった。
3)二年前に比べ、財源(税収)が9兆円位減である。にも拘らず、真に“国民の求めている声”を正確に聞くことの出来ない組織、病んでいる心(野党時代の延長「自然に身に付く」)、的確に捉え、敏速に指揮する司令塔の欠如である。
4)「政治主導」の取り扱いの勘違いとちぐはぐな官僚の存在。

 さて、「政治主導」と言い切り、あらゆる決定を主として、バッチ組で行うことは危険であり、有頂天になっている。正に、自惚れとしか思えない。
 前項に対して、「国民の支持」を貰えるには、適正な情熱と経験からの実績が無くてはならない。
 今日まで半世紀以上に渡って、政権を担当してきた自民党を「悪」と挙げ、共に行動してきた官僚を同罪と見て全く聞き入れない体質に疑念を覚えたものです。

 何分にも、革命に近い「政権交代」をしたことは間違いない訳ですが、内外、特に、国も地方も停滞なく日夜働いていることから、今日までの予算や国と地方の仕組みを破棄して零から遣り直しをすることが出来なかったことです。
 従って、“無駄を排除”し、「組織や予算」を仕分けをして、財源を見い出すことの姿勢は、「国民の支持」を得たが、既設の機関や実績を積んで運営している中から捻出することは、限界があり、無理があった。

 もっとも、“頭の良い”見識豊かな官僚の考え方や使い方のちぐはぐさが、多くを起因している。
 初めての経験(政権交代)から官僚も戸惑いがあったものの、彼等は意識改革をし、国家、国民のために、「共に働く」思いが強かった筈であった。それには、暫く与党としての経験を積み、的確な情報と慣例から来る判断の検証を作る指導経験、官僚との信頼関係の構築を最優先とすることでした。

 焦らず、徐々に拙速しないで「政治主導」を「建前から実」に変えて行く戦略が大切であった。
 しっかり政権を握って行けるのか、その期待感から国民は、諦め掛けている。
 しかし、零では無い、今一度、原点に返り、純な気持ちで、間違いを詫び、遣り直しをすることが今、ベターと云え、否、ベストである。
 そして、国民はきっと許すであろう・・・。

5.マレット協会、納会「充実する愛好会」

 金沢南地区マレット協会を設立し、会長に就任した。

 そして、活動を共にして、既に6年が経過し、今や年々、会員が増え続け、150名を超える団体となり、充実発展した。
 本会員は、金沢市に在住するものと限られるが、参加エリアは、市内の中央地区、東、北、西地区など全域に渡っている。
 特に、夫婦での参加が多く、様々な職業の経験者など、個性豊かな中にも良識と人間的資質を備えての善い方々許りで、楽しい限りです。

 11月末の納会に、総合成績を加えたことで、更に楽しみを増やすことになった。私の取り巻きのスポーツの数多い団体の中では、特に、信頼と心を許せる組織であり、特に、役員とは、“意思疎通”を図れる唯一の団体となっている。

(5)平成22年11月28日(日)「砂防検定」試験実施

 白山市会場は午前中で、午後は、七尾会場で同趣旨の内容で行い、中学生、高校生、一般男女、経験者等、幅広く、1時間半の講習の後、1時間の試験を実施した。
参加者は、両会場に於いて、180名になり、合格発表については、年内(12月中)予定である。

(4)「問題」づくりと「試験」内容

 全国初めての事であり、砂防関係の全国レベルの機関の経験豊かな立場の方から問題集の草案の提供を受け、その資料を参考にして、審査委員の手でつくり上げた。
 「試験」の内容も、5級~1級まで、5段階に区別をし、今回実施予定については、5級~3級までとした。尚、5級(中学生)40問、4級(高・大学生、一般)60問、3級(経験者等)80問の内容で実施した。

(3)審査委員会の設置

 「検定」試験を公正に、高い視点から、市民や関係者“各界各層”から認められる方を実行委員会で選考し、委嘱した。
 勿論、問題について、関係者から提出された内容を加え、独自で協議をし、又、初級から経験者まで5段階の区別を図った。
 委員の構成は、県職の部局長経験者で砂防職の方や金沢大学の准教や国交省及び県砂防課並びに関連業の中から、それぞれ各1名の5名とし、内、1名を委員長に、1名を副委員長として選任をした。

(2)実行委員会の設立

 「砂防検定」試験について、財団の役員会は、検定業務を、実行委員会を設立し、独立して実施するため、委嘱をした。
 委員は、財団の役員から2名、砂防事業の経験者(国交省OB2名及び県OB2名)4名と6名で構成し、内、1名が会長、1名が副会長として選任された。又、特別顧問として、県砂防協会、県市町議会砂防事業促進関連業研究会、及び、NPO県砂防ボランティア協会から各1名の代表者に委嘱した。

(1)財団法人組織の充実

 県内に限定していたエリアを拡張し、全国展開を前提にするために、先ず、名称と目的(事業)を増やした。文化(C)関係から新たな事業の砂防(S)とスポーツ(S)を含めて、頭に「日本」を…更に、「CS(シーエス)」を付け、財団法人「日本CS振興協会」と称した。
今日まで役員会は、単独であったため、今回、評議員制度を採用し、今日までより、広く、公正に運営されることを目指した。

4.「砂防検定試験」実施(全国初)

 近年、地球温暖化等による異常気象により、自然災害が多発し、尊い生命や財産を守るため、日頃の防災対策などに市民の関心が高まりつつあります。
 局地的大雨等による洪水や土砂災害、地震や火山の噴火等による破砕流や土石流など、又、急傾斜等による崖崩れ、或いは、地すべり等、その被害は、人命や公共物(施設、道路、橋梁など)民家や田畑や植林など、幅広く、それは膨大なものです。

 そこで、危惧した県砂防関係四団体では、2005年(平成17年)に白山市で、「砂防フォーラム」を市民の手で実施したことを皮切りとして、2006年に七尾市、2007年に金沢市で「土砂災害全国大会」を併用して開催し、2008年は能登震災の翌年であったことから、輪島市で、それぞれ行った。
 何れも、町会区長会、女性会、青年会、老人会等の市民の手によって実施したものであり、尚、砂防団体は、協力団体の立場で、サポートをした。

 2009年「平成21年」には、今日まで4回に渡って「砂防フォーラム」を実施した時の実行委員会の委員を対象にして、現地視察を計画した。行き先は、「白山砂防」の直轄事業と補助事業の旧鳥越村など水際の整備事業、及び、旧鶴来町での急傾斜地対策事業の3箇所です。
 “「白山」が1年に7cm〜15cm位動いている・・・。”地域に密着して公園整備のような事業、崖や急傾斜地の土砂災害を防止し、寺院や民家を守る事業など、真新しい現状を踏まえ、興味深く、現地の視察をした。

 過去4回、4年間での「砂防フォーラム」と、昨年の現地視察を鑑みて、今年は、一般市民に、更に、防災事業である「砂防」事業に対して、普及活動を継続し、尚一層、理解、協力を得ることを目的にして、新たに「砂防検定」試験を(1)〜(5)のように実施するものです。

(1)財団法人組織の充実
(2)実行委員会の設立
(3)審査委員会の設置
(4)「問題」づくりと「試験」内容
(5)平成22年11月28日(日)「砂防検定」試験実施

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.