2010/12/21 火曜日

6.石川県鳥獣被害防止対策連絡会の成果と次への挑戦

 平成17年、鳥獣被害に対しての市民の関心度が低く、“特定の地域”や“関係する団体”等の話題として扱われていた。
 尚、専門的立場であった猟友会では、内部組織の運営上の問題が浮上していた。昨今、激減していて、更に、減少し続けている会員数、平均年齢が60歳を超えている現状に、而も、適正に狩猟する期間、被害防止のための駆除、バランス維持のための放鳥並びに保護等の対応に行き詰まりを感じていた。
 特に、駆除隊を編成する上での公的活動に、年齢層が上がったため、なかなか隊を組めない・・・と云うように、支障を来たした。

 「駆除」と「保護」を共にテーブルの上に載せ、協議する機関、県内全地域で等しく「情報」を共有する場所を作るための組織の設立を目指した。
 しかし、関係者の石川県(環境部、農林水産部、県警)と市町村と県JAや県森連等に“「駆除」と「保護」は一緒のテーブルに載せることは難しい”と避けられ、協議の場所へは、顔を出してくれない状況でした。
 そして、危機感のある猟友会を中心に、少しづつ出来るところから賛同を得て、立ち上げたのが、「石川県鳥獣被害防止対策連絡会」でした。
県議の重鎮を会長に、副会長には県JA会長と県森連会長と私、理事長に猟友会会長、副理事長には県JA専務と県森連専務、理事・監事には、猟友会並びに賛同する市町村及び市町村等の協議会の代表者を、又、未加入の場合は、オブザーバーとして参加をしてもらい、組織を作り上げた。
 毎月、根気良く定例会を開催し、情勢を共有した。
アドバイザーとしての県自然保護課長、県農業安全課長、県森林管理課長、県警生活安全企画課長には、常時、出席して貰った。

 その努力が実り、実績として評価され、平成22年8月に“石川県鳥獣被害防止対策連絡会議”が県内全域より、関係者200名が結集して開催した。
 今日までの経過と新たに趣旨を説明し、北陸農政局長を始め、副知事や県議会の代表者等の臨席の方々や大会出席者にしっかりと理解を求めた。

 尚、今年は、特に、大型の熊やイノシシの出没が目立ち、人身被害を含めて、作物被害が多発した。更に、宝達山を北上し、中能登から奥能登へと範囲を広げ、県内一円の話題(問題)として、クローズアップがされた。県議会、市町議会で、何度も取り上げられ、今日まで少なかった関心度が増して来た。
又、銃事件が多発した折、「石川県銃砲関係連絡会」を県警の指導の下に、銃砲関係五団体をまとめて発足した。

 以上、今日までの成果を称賛し、次の段階は、明年、平成23年4月には、窓口の事務局を県が引き受けることになっているので、このバトンタッチにより、組織を見直し、新たに未解決の問題を積極的に解決する、クリーンで強力な求心力のある機関として、生まれ変わることを心から期待致します。

5.全国初「砂防検定」試験実施と全国展開への第一歩

 「砂防検定」試験等の経緯については、先のブログで記述したとおりです。

 徒、平成15年頃、小泉内閣当時、三位一体改革推進の折、河川、特に砂防事業を直轄事業から、地方(都道府県)に分権する動きがピークに達していた。従来通りを主張する国交省本省、地方整備局、金沢事務所と連携を取り、石川県議会への仲介役をし乍ら、分権を主張する県知事、市町村長(石川県知事は知事会、金沢市長は市長会の全国のリーダー格)と対立しての行動でした。
 さて、そのテーマは「砂防事業は国の手で・・・。地震、台風、火山噴火等による自然災害「国土保全」は、国の責任で・・・。」を訴え、全国で初めての“石川県治水砂防大会”を石川県議会議事堂大会議室で県内各地より約400名が結集し、国会議員、国交省砂防計画課長、県議長、県議、市町村長、市町村議の臨席の上、開催した。
 勿論、県議会で全会一致での意見書を可決し、国会提出など、様々な行動をしたお陰で、その流れを阻止し、元の鞘に収まった。

 しかし、その折、防災事業としての砂防事業の重要性を再認識し乍ら、一般市民の関心度、優先順位から鑑みると、低く乏しいものであることに気付き、何かの対応策を講ずる必要性を痛感した。
 又、平成の市町村合併が推進される中、「全国治水砂防協会」の会員である市町村長が激減員することが予想され、各地区では、賛助会等の設立する動きが出始めた。

 そこで、石川県議会に「石川県議会砂防事業促進研究会」を有志12名で発足した。
翌年からは、県市町村議会に呼び掛け「石川県市町村議会砂防事業促進研究会」を、砂防事業に携わる建設業の土木・法面・コンサル・測量・調査による「石川県砂防事業促進関連業研究会」を発足し、既存する「石川県砂防協会」に加え、“砂防関連四団体”として、全国で初めての強力な「連合体」が出来上がった。
 先の件(三位一体改革)での敏速な対応は、この「連合体」のお陰であった。

 次に、本省の砂防部長、県土木部長の臨席の中での“四団体顔合わせ会”で“一般市民に普及するための事業を展開しよう”と云う機運が高まった。
 其れが、第1回2005「砂防フォーラム」白山、第2回2006「砂防フォーラム」七尾、「土砂災害全国大会」と併合しての第3回2007「砂防フォーラム」金沢、奥能登震災の後での第4回2008「砂防フォーラム」輪島でした。
 一般市民(町会区長会、老人会、青年団体、女性団体など)が主催する内容で、全く公的助成金を受け入れないと云う特殊事業で「砂防関連四団体」がサポートしての「催し」でした。

 今や、世界中で異常気象による自然災害は、起き続いている。本県では、福水町の土砂災害、奥能登震災、浅野川河川災害等が起こり、尊い生命や貴重な財産を失っている。何時、起こるか分からない自然災害、特に、昨今の局地的大雨に対して、日常を市民は脅かされています。
 そこで、平成21年に、4回に渡って各地でのフォーラムをお世話をされた実行委員を中心に、白山砂防等の現地視察を・・・。翌年、平成22年から「砂防検定」試験を実施した。

4.芸術院会員(人間国宝のワンランク上)をサポートして

 もう、4年位前になるだろうか・・・。
能美の友人からは“親戚の件で相談がある”とアポがあり、直ぐに、事務所を尋ねて来られた。
内容は、“家内の身内の陶芸家を芸術院会員にするための支援をお願いしたい”と云うものでした。
勿論、「実績、功績、資質も備わり、充分、推して文句の無い」お方でした。

 しかし、この世界は、特別な方法で選ばれるという、基準やそれぞれのクリアしなければならない段階もあり、なかなか理解出来ず、時間を要した。
只、格式は高く、「人間国宝よりもワンランク上」と云うことで、選考の方法や基準の違いがあっても、分野毎の数や、空席が無ければ就任出来ないという特殊な世界である事が、日増しに理解出来てきた。

 早速、各界で活躍し、交誼を頂く方々に呼びかけ、“趣旨の理解と協力”を求めた。20数名の方がポケットマネーをもってサポートをする後援会を発足した。
 この組織は、代表制の2名で、金融機関の代表者を監事に据え、強力な後援体制となった。
その年と次の年にも挑戦しましたが、全国の選考者の過半数を獲得するに至らず、無念の結果となった。3年目に後援会総会を開催し、“3回目を最後の挑戦と思って、全力で頑張ってほしい”と全員で熱い気持ちを込めて励ました。

 そして、平成21年12月から平成22年1月にかけて、先生(陶芸家)は全国を股に掛けて精力的に運動を展開された。平成22年2月に、努力の結果、3回目にして、芸術賞を受賞する運びに至った。私たち会員一同は、高いハードルの第一段階をクリアしたことの喜びを、先生と美酒を味わった。

 平成22年11月26日(金)、友人からの1本の電話は「芸術会員」に内定したという知らせでした。同月の29日に、正式に決定、30日に報道機関から発表と云うもので、予想より早い吉報に対して、嬉しさを隠し切れませんでした。

3.金沢市長選に拘わる総括

 確かに、素晴らしい「実績と功績」を積まれ、豊かで高い見識を備え、尊敬されるお方(前市長)でした。

 しかし、「6期目の挑戦」「79歳の高齢」から鑑み、“個人の方の思い”特定の方が、燃焼(市政の停滞は許されない)するまで、舵取りをされることは、如何なものか・・・。
 そこで選挙戦の焦点は、“継続”か“変革”かであり、“老練”か“新人”か又は“内部昇進”か“外部信任”かなどの選択肢であった。
 私は、ホームページに詳細を記述した通りで、新人を極力支援し、金沢市政の“塵も積もった垢”を落とし、流れを変えようと決意した。金沢へ来て、居住して15年目の総括と思った。

 さて、新人が当選したことで、金沢は必ず変わる。又、金沢市民は、全国に誇れることをここに、立証した。

 「奇跡」ではなく、「現実」である。

2.Ikoc業務の未来

 Ikocの業務は、高速道路に携わる内容が、突出してウェートを占めていた。新しい考え方を取り入れ、事業を見直し、少しづつ未来の経営に向けて、針路を変えてきた。
 しかし、中央の政治に対する不信と、高速道路社会の変化する仕組みに不安を隠すことが出来なかった。
 “幸か不幸か”政治の不安定から、当面、従来のシステムの一部が継続されることが確認出来、今はホッと安堵している。

1.父の「偉大な遺徳」

 9月4日に、満90歳で他界した父(法名「慈光院釋義山」)は、これからの私の人生にとって、改めて、見直して、考える機会と極めて大きな影響力を与えてくれたと思う。
“人のお世話をする”“人様を大切にする”“周りの皆、仲良くする”など父の意思を確認し、家族、親戚、地域関係者などの存在をしっかりと見直し、何が最も大切であるかを教えて貰った。

 そして、その後、「父の後押し」と思える幾つかの“強運”の境遇にあった。(次項の2~8の通り)

平成22年「十大ニュース」田中博人編

1.父の「偉大な遺徳」
2.Ikoc業務の未来
3.金沢市長選に拘わる総括
4.芸術院会員(人間国宝のワンランク上)のサポートをして
5.全国初「砂防検定試験」実施と全国展開への道
6.石川県鳥獣被害防止対策連絡会の成果と次への挑戦
7.石川県柔道整復師会などとの信頼関係
8.友人の栄冠と新組織の次への戦略
9.明春の統一地方選挙を目指して
10.息子たちの成長に微笑

【総括】

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.