2011/7/14 木曜日

メモって置きましょう・・・!

1. 厚生労働省、元村木局長に対して、元検事の改竄事件
  正義感の有る行動をした女性検事「大阪地検特捜部、塚部貴子検事」

2. 沖縄県の危険空港移転問題
  「普天間飛行場」

3. 菅総理が原発の運転中止を求めた箇所
  「静岡県の浜岡原発」東海地震とそれに伴っての津波の予測確率70%超

4. 原発の関心度が高まる中で、能く使われる“カタカナ文字”
  1)メルトダウン 炉心溶融、原子炉の炉心が高熱で溶けること
  2)セシウム   元素記号Cs、原子番号55。空気中で酸化し、
           水と反応して水素を発生
  3)マイクロシーベルト
    「マイクロ」100万分の1、記号μ、極小
    「シーベルト」放射線量のうち、線量当量(生体の被曝による
     生物学的影響の大きさ)の単位、記号Sv

5. もう少しだけ、チェック
  1)野放図(のほうず) 慎みが無く、横柄な事
  2)禁治産者(きんじさんしゃ・きんちさんしゃ)
    家庭裁判所から禁治産の宣告を受けた人
  3)手練手管(てれんてくだ)人を騙すテクニック
  4)迪(てき) 「みちびく」又は「ススム」
  5)火屋(ほや) 香炉や手焙りなどの蓋、
           又、ランプの火を覆い包むガラスの筒
  6)近未来(きんみらい) 百年先の未来の時代区分。
               千年先「中未来」。万年先「遠未来」
  7)レームダック 死に体の企業。
           政治的影響力の失った政治家のこと
  8)セオリー   理論
  9)ニッチ    すきま産業

構造改革特区制度(通称「教育特区」)(PDF)

2011/7/8 金曜日

母の死

2011年7月4日、母・田中はつは永眠致しました。
野々市町矢作のフューネラルホール天祥閣にて、
「通夜」2011年7月6日(水)午後7時より、
「葬儀」2011年7月7日(木)午前10時より執り行いました。

ご会葬頂いた皆様に「母への思い」として、ご挨拶の代わりに会葬礼状を出しました。

 2011年7月4日、昨年9月4日の父、博の他界から10ヵ月後に母はつは、父のもとへ逝って終いました。
 母は “仕事が好き” と云うか、早朝、暗い内から夜遅くまで、働いた女(ひと)だった。
私たち子供にとっての母親像は、正に “仕事まみれの仕事の鬼” で本当に頼りに然る小さな巨人でした。
 いつも留守がちで、世話好きな、父に代わって、家回りや力仕事を一手にされ、「仏様のような方」と多くの方々から称えられていた父の黒衣として、云い憎いことや嫌な事を全て引き受け、憎まれる役に徹して来た母でした。
 思えば、私たちは母の後姿を見て育って参りました。“云った事は、遣り遂げるまで頑張り、約束は必ず守る”事を大きな教訓として、来ました。
 早起きに熱心で、何事も勧んで実践された母を、私たちは誇りとしています。久し振りに父と再会し二人で遠くから、私たちを見守って欲しい…。
 私たち家族、親戚はいつまでも皆、仲良くして行きます。

 皆様より多くのご厚情を賜わり、実りある人生を歩まさせて頂いた母に代わり、深く感謝申し上げます。本日はご多用中、ご会葬頂き誠に有難うございました。
 略儀ながら書状をもってお礼申し上げます。

喪主 田中 博人

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.