2012/8/23 木曜日

「暑い夏」と「旧盆の務め」

 今年の8月旧盆前後には、例年にまして、慌しさと夏を満喫した。

 高校野球の応援に甲子園へ・・。能登のビーチへ海水浴に・・・。近くのホテルのプールへ・・・。合間にゴルフ・・・。正に、この10日間は、家族、特に孫たちとともに過ごした。

 さて、8月15日の旧盆は、恒例の先祖の墓参りの大切な日です。8月に入り、1日には「お一日参り」、4日には、平成22年9月4日に享年90歳で逝去した父、博「慈光院釋義山」の三回忌、平成23年7月4日に享年89歳で逝去した母、はつ「清念院釋尼芳華」の一周忌と合わせて法事を執り行った。そして、旧盆の15日と、1カ月に3回の墓参りとなった。
 勿論、この日は、同墓地に在る伯父や親戚のお墓を5ケ所、隣の旧鳥越村河合の親戚のお墓3ケ所、旧鶴来町の墓苑に在る叔母と義父、又、尼寺に在る義弟や友人の合わせて5ケ所と、計13ケ所を参詣した。

 又、2カ月程前に、日頃、お世話になっている方(設備会社)の実父が、94歳で逝去された。金沢市外で、旧姓であったため気付かなかったことから、いつまでも心残りがしてならなかった。そこで、旧盆の14日にかほく市のお宅へお伺いをして、仏壇に御経を上げ、近くの墓地の村上家のお墓に参詣して来たということです。

 今年の夏は、真夏日が20日間続き、8月13日に暫らく雨が降りました。
今、旧盆が過ぎ、月末に入ろうとする中、まだまだお天気と真夏日が続きそうな今日この頃です。(8月22日は、小松市で37.4度という日本一の気温でした。)

2012/8/7 火曜日

嬉しい出来事・・・

 大物代議士の引退表明の続編は後日へ先延ばしをして、昨今、嬉しいことが2件、相次いだこと等を記述したい。

【遊学館高校が甲子園へ】
 私の娘(長女)が、お世話になった高校であり、現在、私が学園運営に関与している関係で、人一倍、気張っていた。久しぶりに、守備力、投手力の安定した強いチームを見ることができた。県代表として、甲子園での活躍が楽しみで、是非、応援に行きたい・・・!
 山本監督、選手、関係者に感謝、感謝し、夏の楽しみが増えた喜びを噛み締めている。

【日本人初の金メダル】
 ロンドンオリンピックの女子柔道57㎏級で、初のメダル。而も、今五輪初の金メダルを松本薫選手が見事に勝ち取った。
松本選手は、金沢市の岩井道場の出身であり、幼い頃から3姉妹で稽古に励んできた。
 私は、半世紀(50年)前に、暫らく、同道場に籍を置いた一人として、後輩の栄誉に対して、誠に嬉しい限りである。この事は、柔道少年たちや後輩に、大きな「励みと勇気」を与えた。
 本当に嬉しい限りである。

 次に、去る、7月31日に開催された議会活動の報告があります。

【公安委員会】
 松本選手の金メダルに対しての“喜びと姿勢”に対して、桐原県警本部長の所見を問う。
又、県外では悲惨なストーカー事件が発生しているが、本県での事案の現状について伺う。

【商工労働、観光交流委員会】
 県部局で扱う、周年行事やイベント、セレモニーなどでの知事の立場を問う。
主催者であるならば市町や他団体で、ご招待を受ける来賓としての出席との区別差別をしなければならないのでは・・・!
 任期を重ねると権力者となりがちであり、ご本人より、周りの気配り目配りが大切である。主催者側である場合には、知事は早めに会場へ行き、出迎えについては、部局長がするべきと思わない。
 県幹部が、一点を見つめ、意識し過ぎる傾向は、好ましくないと思う。

2012/8/1 水曜日

2012年8月今月の言葉

(みち)(ちか)きに在(あ)
 而(しか)るにこれを遠(とお)きに求(もと)
  (道在爾 而求諸遠)
 
              -孟子-
 人間の踏むべき「道」は、実は日常の身近なところにある
それを人は「道」を高遠なところに求め、ことさらに難しいことを
ありがたかったり、常識的なことを無視して枝葉末節に走ったりし、
結極は実行できないで終わったりする。
誰にでも実行できて、しかも大事なことは、たとえば朝「おはよう」と
声をかける、そうしたごく平凡で些細なことにあるのである。
 
 
                                        平成二十四年八月一日

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.