2012/8/7 火曜日

嬉しい出来事・・・

 大物代議士の引退表明の続編は後日へ先延ばしをして、昨今、嬉しいことが2件、相次いだこと等を記述したい。

【遊学館高校が甲子園へ】
 私の娘(長女)が、お世話になった高校であり、現在、私が学園運営に関与している関係で、人一倍、気張っていた。久しぶりに、守備力、投手力の安定した強いチームを見ることができた。県代表として、甲子園での活躍が楽しみで、是非、応援に行きたい・・・!
 山本監督、選手、関係者に感謝、感謝し、夏の楽しみが増えた喜びを噛み締めている。

【日本人初の金メダル】
 ロンドンオリンピックの女子柔道57㎏級で、初のメダル。而も、今五輪初の金メダルを松本薫選手が見事に勝ち取った。
松本選手は、金沢市の岩井道場の出身であり、幼い頃から3姉妹で稽古に励んできた。
 私は、半世紀(50年)前に、暫らく、同道場に籍を置いた一人として、後輩の栄誉に対して、誠に嬉しい限りである。この事は、柔道少年たちや後輩に、大きな「励みと勇気」を与えた。
 本当に嬉しい限りである。

 次に、去る、7月31日に開催された議会活動の報告があります。

【公安委員会】
 松本選手の金メダルに対しての“喜びと姿勢”に対して、桐原県警本部長の所見を問う。
又、県外では悲惨なストーカー事件が発生しているが、本県での事案の現状について伺う。

【商工労働、観光交流委員会】
 県部局で扱う、周年行事やイベント、セレモニーなどでの知事の立場を問う。
主催者であるならば市町や他団体で、ご招待を受ける来賓としての出席との区別差別をしなければならないのでは・・・!
 任期を重ねると権力者となりがちであり、ご本人より、周りの気配り目配りが大切である。主催者側である場合には、知事は早めに会場へ行き、出迎えについては、部局長がするべきと思わない。
 県幹部が、一点を見つめ、意識し過ぎる傾向は、好ましくないと思う。

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.