2014/9/1 月曜日

2014年9月 今月の言葉

忍激の二字は、
     これ渦福の関なり


                      - 呻吟語(しんぎんご) -
ものごとに対して、じっとこらえて辛抱することと、
感情を激発させるということは幸と不幸の分かれ目になる。
あとで後悔するよりも、その場は堪えて粘り強く生きることが
後々の幸せを招くのである。
【呻吟語】
中国・明代の哲学者呂坤(りょこん)が著す。
友人知人による良心の言葉を集めた自己啓発の書。
呻吟とは病気の際のうめきを指す。
 
                                    平成二十六年九月一日

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.