2010/12/21 火曜日

3.金沢市長選に拘わる総括

 確かに、素晴らしい「実績と功績」を積まれ、豊かで高い見識を備え、尊敬されるお方(前市長)でした。

 しかし、「6期目の挑戦」「79歳の高齢」から鑑み、“個人の方の思い”特定の方が、燃焼(市政の停滞は許されない)するまで、舵取りをされることは、如何なものか・・・。
 そこで選挙戦の焦点は、“継続”か“変革”かであり、“老練”か“新人”か又は“内部昇進”か“外部信任”かなどの選択肢であった。
 私は、ホームページに詳細を記述した通りで、新人を極力支援し、金沢市政の“塵も積もった垢”を落とし、流れを変えようと決意した。金沢へ来て、居住して15年目の総括と思った。

 さて、新人が当選したことで、金沢は必ず変わる。又、金沢市民は、全国に誇れることをここに、立証した。

 「奇跡」ではなく、「現実」である。

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.