2010/12/27 月曜日

総括

 1.の「父の遺徳」の通り、父の霊は生きていて、2のIkocの業務から10の息子たちの成長まで、しっかりと後押しをし、強運を齎してくれた。

 2.Ikocの業務の大幅な変更や廃止が無く、3.の金沢市長選では新人候補を強力に支援し、当選の栄に導き、4.の芸術院会員には、後援会の設立等、経済人の賛同を得て、まとめ、会員になるための協力と支援をして、今回、就任することが決まった。

 5.の「砂防検定」試験を実施、目立たない事業であるため、予算の厳しくなればなるほど、置いてきぼりになることが予想され、防災事業である砂防事業の必要性を一般市民に普及するための活動を、粘り強く続けてきた。漸く、異常気象による自然災害が多発している今日、認められ「砂防検定」試験を実施するまで、漕ぎ着けることが出来た。

 6.の鳥獣被害防止に関わる件については、「駆除」と「保護」の立場の難しさと、公的機関の編成隊の不足と猟友会の存在感、将来にわたって対策に背を向けている現状を、正義感から積極的に取り組み、組織化した。情報の共有と今日の大型獣の北上と出没回数が増え、正に、今日、活動実績が認められ、正当化された。

 7.の柔整師会は、他の関係機関とともに、日増しに“信頼関係と活動実績の積み重ね”から「鉄の結束」関係が出来つつある。10.の息子たちの成長に関しては、「最も答えの欲しい時」にタイミング良く、父の霊が生きている証として、後押しをしてくれた。

 この1年の締め括りとして、息子たちの成長の影に、父の魂が居ることを確認できた。

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.