2008/8/29 金曜日

4.船橋競馬場と湾岸道路等

 この場所への視察は、国交省道路局企画課長(前地方道環境課長)の推薦によるものであり、千葉国道事務所には、配慮して頂いた。当日は、同事務所の副所長と、企画係長の出迎えを受け、資料の準備とともに、案内をして頂き、大変、お世話になった。

 船橋競馬場のある位置には、東関東自動車道(高速道路6車線)と、その両側に平行して、国道357号線が4車線の、計10車線が若松交差点の千葉船橋海浜線に接している、その競馬場の反対側には、京葉道路が走り、挟まれている現状である。

 又、首都圏の東京都と千葉を結ぶ、1日、約300,000台の交通量がある最重要道路であり、計画当初から問題指摘があったようだ。

競馬場もその一つであるが、寧ろ、若松団地の騒音に対する対応が重視されたようである。因みに、向かいに谷津干潟があり、隣接して谷津団地が所在し、昨今、CO2対策がクローズアップされ、調査に入っている。

 何れも、高さと景観に配慮して遮音壁で設置され、問題は解決しているようだ。船橋競馬場との協議内容については次の通りです。

①協議事項

kyogi.jpg

②地図

tizu1.jpg

 151.jpg 161.jpg 171.jpg
高架橋からの競馬場全景  副所長の案内で高架橋上    厩舎との境

 181.jpg 191.jpg 201.jpg
  厩舎から外れたヶ所      若松団地との境      東関道の遮音壁

 212.jpg
谷津干潟と谷津団地(若松交差点)

(C) Copy right 2008 田中ひろと事務所 All right reserved.